出版企画募集中

書籍出版には次の3つのスタイルがあります。さらに詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • 本づくりから出版までの手順

1.商業出版

出版社に企画を持ち込んで、書店で販売する書籍として出版する方法です。

  • 出版社の費用負担で出版できるので、原則として著者の費用負担はありませんが、
    企画が出版社に採用されることが大前提です。
  • 出版サポート料は印税の中からISNにお支払いいただきます。
  • どの出版社に企画を持ち込むかは内容や事情によります。
    著者とISNが共同で企画書を作成し、持ち込む出版社を選定します。
  • 企画の主たる採用基準は、売れる内容であると判断されるかどうか
    (出版社にとって商品価値があると判断されるかどうか)です。
    内容が本質的に意義深いものであるかどうかなどに
    重きを置いて判断されるわけではありません。
  • 採用に至るハードルは高いので、すべてが希望どおりに商業出版できるとは限りません。
    また、書店で販売する書籍に仕上げるためには、
    著者の原稿がそのまま使われることはほとんどありません。
    プロの手直しが入りますので、ご理解ください。
  • 著者がご自身で原稿を書けない場合は、希望されれば、
    プロのライターによる口述筆記などで原稿作成を代行いたします。
    その場合は、原稿作成料をご負担いただきます。
  • ISNへの出版サポート料や口述筆記した場合の原稿作成料、
    あるいは、書籍に完成したのちの印税や著作権などの取り扱いについては、
    企画が採用された段階で提案いたします。

ページのトップへ戻る

2.共同出版

商業出版として採用されない場合でも、著者が費用の一部を負担することで(出版社と著者が費用を共同で分担することで)、書店で販売する書籍として出版する方法があります。これを出版社との共同出版といいます。

  • 著者の費用負担が発生する点を除けば、進め方は商業出版と同じです。
  • 発行部数の一部を著者に買い取っていただく方法、あるいは、著者独自のルートで販売していただく方法で、費用を分担していただく場合もあります。
  • 費用分担の方法や割合、金額などはケースバイケースですので、お引き受けする前に明朗にしたうえで、提案いたします。

ページのトップへ戻る

3.自費出版

ご自身の書きたいことを書籍の体裁に仕上げますが、書店販売することを目的としない方法です。出版社に採用されることを前提にしませんので、自費出版は希望すればだれでもできます。

  • 企業の記念誌や個人の自分史などの出版に向いています。
  • 書店で販売することを目的とはしませんが、配布した方々に読んでいただくために、プロによる原稿の手直しをおすすめします。また、希望されれば、プロのライターにより口述筆記する方法もあります。
  • 著者にご負担いただく費用については、お引き受けする前に御見積を提案いたします。
  • 自費出版であっても、書籍コードを取って、書店に流通させる方法があります。
    詳しくはご相談ください。

ページのトップへ戻る

本づくりから出版までの手順


  • 出版企画募集中
  • 本づくりから出版までの手順
  • 出版サポートの実績と活動状況
  • ISNの想い
  • 走れ児童相談所
  • 会社概要
  • トップに戻る