「しつけ」はどこに消えた?

出版社:主婦の友社
発売日:2015.04.24
著:中原 英臣
判型:四六判変型
ページ数:192
ISBN:978-4-074-12470-1
価格:¥980+税

「しつけ」という言葉が古臭くなり、「しつけ」自体も行われなくなりました。気がつけば、若い世代から大人まで「しつけの喪失」というべき現象が蔓延しています。そんな状況に問題提起し、改めて「しつけ」の大切さや、その目的や基本を解説した本です。

第1章 絶滅しつつある「しつけ」
第2章 どうして「しつけ」をするのか
第3章 しつけは子どもだけのものか
第4章 いつから、だれが、どうやって?
第5章 生きる力をつける「しつけ学」

本書は、著名な医学博士の中原英臣氏が、勤めていた大学の学生を見て「しつけ」の必要性を痛感し書かれた本です。フリーランスの編集者から当社アイエス・エヌに書籍企画が持ち込まれ、それを主婦の友社に紹介して採用・出版に至りました。
フリーランスの編集者やライターの方で、出版を考えている著者候補の人が身近にいる場合、こうして当社から出版社へ紹介することもできます。

ページのトップへ戻る


  • 出版企画募集中
  • 本づくりから出版までの手順
  • 出版サポートの実績と活動状況
  • ISNの想い
  • 走れ児童相談所
  • 会社概要
  • トップに戻る